月別アーカイブ: 2019年1月

会社の経費節約のコツ

会社の経費節約を実現させたいと考えた時、速やかに実践しやすい上に効果が感じやすいのが印刷や消耗品に費やす費用を指すオフィスコストを見直す事であり、1つあたりの金額は大きくないものの見直しを行えば着実に経費節約に繋げられます。

印刷に際する費用は1度あたりで考えると決して大きくないですが、毎日繰り返し行われるという特性上、総額として考えると経費において非常に大きな割合を占めています。
そこで、印刷で経費節約に繋げるためにはコピーも含めた印刷時にモノクロ印刷で行うように徹底しましょう。
これまでカラー印刷を行っていた事例で、以後モノクロ印刷のみを利用するようにすれば1枚につきおよそ10円が削減できるようになり、総額では非常に大きな金額になります。
そして、会社における消耗品はコピー用紙やインクに限らずボールペンや消しゴムといった筆記用具や付箋なども挙げられ、筆記用具や付箋などはたとえ業務において印刷の必要性に迫られない社員も使用するため、消費量が早い傾向にあります。

自由に使用できる状況下では非効率的な使い方をして大量消費されてしまう事例があるため、筆記用具や付箋といった消耗品は管理者の下で管理し、許可を得てから配布して頂くようにすると大量消費されず効率的に使用して頂けます。
また、運送や仕入れなどに際して外部の企業と契約し業務を行っている場合には契約内容について目を向けるようにし、特に長年にわたり1社との間で契約を締結し続けている事例では、市場相場に比較して割高な価格になっている場合があるので、契約期間が長年にわたって継続しているのなら取り分けてしっかりと確認しましょう。
同様に長年にわたり事業を行っていると非効率的な状況になりやすいのが照明器具についてであり、比較的築年数が古いオフィスビルなどでは今もなお蛍光灯が使用されているので、LEDの照明に交換すると経費節約になります。
会社の総電力において照明による支出は40%にも及ぶため、LEDに変更するだけで50%から70%も削減できます。